基礎の配筋検査を第三者機関に依頼する事の重要性

先日の記事で、無筋コンクリートのお話を致しましたが、今回は、鉄筋コンクリートのお話をします。

鉄筋コンクリートは、無筋コンクリートよりもはるかに強い事は明白ですが、鉄筋が入っていれば、良いというものでもありません。

前回お話しした、かぶり厚と規定通りの配筋がされている事が、重要です。

更に詳細は、割愛しますが、特に重要なのは、途中で形状が変化するところの補強筋が、適切に入っている事です。

鉄筋コンクリートで、ひび割れをおこしている場合、この事が、原因の場合が多いと思われます。

今は、少なくなりましたが、換気口を外周にブロック1個分だけところどころに開けている角あたりにひび割れをよく見かけますが、この可能性が高いと思われます。

出来上がってからでは、全くわかりませんから、要注意ですね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
イクスプラン一級建築士事務所
https://eqsplan.com/
住所:〒814-0121 福岡市城南区
神松寺3-14-20-1013
TEL:092-862-8880
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇